Githubを使った開発フロー

プログラミング、サーバー、ネットワーク、IT用語、ハマったときのトラブルシューティングなど様々なIT関連の話題をひたすら書いていく技術ブログです。

2017年11月14日火曜日

Githubを使った開発フロー


Githubの開発フロー

Githubはコマンドがたくさんありますが、意外と開発をするときにメインで使うコマンドが限られています。ここでは、最低限これだけ知っていれば開発できるように、手順とコマンドを紹介します。
(Githubが使える前提で話を進めます)

Githubを使ったローカル作業


1. git branch (自分の場所を確認、自分がいるところに「*」がついてる)

2. git checkout master (ローカル側のmasterにいなかったら移動する。「git checkout branch名」とすると「branch名」にも移動できます)

3. git pull (githubサーバーのmasterから最新状態のプログラムを取ってきて、ローカルのmasterに取り込む)

4. git checkout -b ブランチ名 (ローカルのmasterを最新状態にしてbranchを切る。ブランチ名は任意だが、そのときに何を開発するかを表しているとわかりやすい。ログイン機能なら、login_functionといった感じです)

5. branch側で開発作業を行う (masterで開発しないように気をつけましょう)

6. git statusで今回編集したファイルの一覧を確認する。

7.git diff #6で表示されたファイル名で、今回編集した差分が確認出来る。

8. (開発完了or複数機能があってキリの良いところで) git commit -am "ここに何の開発/修正をしたかを書く" (オプションaは変更があったファイル全て、mはメッセージ)
※git commit -amは既存のプログラムファイルを修正した場合で、新規にファイルを追加した場合は明示的に「git add 管理したいファイル名」を行なわなければならない(新規ファイル全てを管理したい場合はgit add -Aのみでok)。git addしたあとのcommitは「git commit -m "メッセージ"」となり-aがいらない。commitとはログ残しのような作業。

9. git push origin branch名 (commitしたらgithubサーバーにローカルbranchをアップロードする。github側にもローカルと同じようにbranchができる。originとはファイルのアップロードするサーバー名のこと(気にしなくて良いです))

これでローカル側の作業は終わりです。

github側の作業

10. pull requestを作成する (プログラムをチェックしてもらうため、修正があったら5に戻る。同じbranchで修正を行えば、再度pushしたときにこのpull requestに修正が追加されていくのでご心配なく)

11. githubサーバー側のmasterにbranchをmerge(マージ)する (最後にgithubサーバー側のmasterに自分の修正をmergeします。mergeしたらdelete branchみたいなボタンがあるので、サーバー側のbranchは削除してしまいましょう)

12. githubサーバーのmasterをサービスが動いているサーバー(AWSのEC2など)にリリースする

13. サービスがちゃんと動いているか確認 (失敗すると画面が真っ白になったりしますww)

14. OKなら完了です。次の開発に移る時は1に戻る。ローカル側でbranchがいらなくなったら「git branch -D いらないbranch名」で削除できます。



最近の投稿