Ruby on Railsのマイグレーションファイルでカラム名を変更する

プログラミング、サーバー、ネットワーク、IT用語、ハマったときのトラブルシューティングなど様々なIT関連の話題をひたすら書いていく技術ブログです。

2017年4月4日火曜日

Ruby on Railsのマイグレーションファイルでカラム名を変更する


一度作成してしまったテーブルのカラム名を変更したい時がありますよね?データが既に入っている場合などは、テーブルをdropして再度作り直すのは少々面倒です。ここでは、Railsのマイグレーションファイルで、カラム名を変更する方法を紹介します。今回はusersテーブルにあるusernameをuser_nameに変更する例を見ていきます。

rails generateコマンドでマイグレーションファイルを作成

まずはじめに、rails generate(gのみでもok)でマイグレーションファイルを作成します。

rails g migration rename_username_to_users

コマンドが成功するとdb/migrateディレクトリ以下にマイグレーションファイルが作成されます。

マイグレーションファイルに変更内容を書き込む

次に先ほど作成したマイグレーションファイルを以下のように編集します。


rake db:migrateでマイグレーションファイルを実行する

最後のrake db:migrateコマンドでマイグレーションファイルを実行します。成功するとusersテーブルのusernameがuser_nameに変更されているのが確認できると思います。

◯Ruby on Railsのマイグレーションファイル関連の記事はこちら



最近の投稿