Rubyのインストール方法 - Rubyプログラミング(1)

プログラミング、サーバー、ネットワーク、IT用語、ハマったときのトラブルシューティングなど様々なIT関連の話題をひたすら書いていく技術ブログです。

2017年1月9日月曜日

Rubyのインストール方法 - Rubyプログラミング(1)


Rubyのプログラミングを始める前に、パソコンにRubyをインストールする必要があります。ここでは、Rubyのインストール方法を紹介します。

Rubyのインストールの前準備(Mac)

#1、Xcodeのインストール
#2、Homebrewのページにアクセスする
#3、コマンドをコピーしてターミナルで実行する
#4、pathの設定(コマンドラインで下記を実行)
- echo 'export PATH=/usr/local/bin:$PATH' >> .bash_profile
- source .bash_profile
#5、設定確認
- brew doctor
-「Your system is ready brew.」と出ればOK
#6、最新のパッケージを取得する
- brew update

Rubyのインストール手順(Mac)

rbenvというRubyのバージョンを切り替えるツールを使ってインストールします。
#1、ビルドツールをインストール
- brew install ruby-build
#2、rbenvをインストール
- brew install rbenv
#3、パスの設定
- echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> .bash_profile
- echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> .bash_profile
- source .bash_profile
#4、Rubyバージョンの確認
- rbenv install -l
#5、Rubyインストール(2.3.0の場合)
- rbenv install 2.3.0
#6、標準で2.3.0を使用する場合は下記を実行
- rbenv global 2.3.0
#7、Rubyバージョン確認
- ruby -v

Rubyのインストール手順(Windows)

Windowsのinstallerはこちらからダウンロード

◯Hello Worldの文字列を表示する - Rubyプログラミング(2)はこちら
◯「Rubyプログラミング」シリーズの一覧はこちら



最近の投稿